高槻の摂津峡の行者岩で岩を見た後、再び川に戻って上流へ



露頭して岩肌が見えている箇所がいくつもあった。

ここらへんは堆積岩が主体らしい。

土質の理解を求め川の上流へ


露頭している箇所をまじまじと見ると、




ところどころ岩が細かくなっていて、

もうすぐ土になるんだろうなという箇所が時々ある。


頭ではわかっていたけれども、

こうやって岩が土になる間近のものを見ると、

改めて土質とは母岩によって決まるのだなと。


山は年をとると、

地すべりが多発して平らになっていくというけれど、


表面の岩が風化等でがしがしと削られていったら、

そこにいた草や木ごと地すべりで落ちて

山は細くなっていくよな。