前回の風化して崩れた斜面にキノコの続きで、



崩れた斜面に残った木を眺めていた。

写真上の方の土表面付近が黒いのはなんとなくわかるけれども、



木の根が二股に分かれたあたりの深さのところは、



黒くなっているよなと。



更に赤丸で囲ったあたりを見てみると、



地衣類が広がり始めている。

地衣類の周辺はかなり黒い。

地衣類という菌たちの巧みな生き方


根には周辺の生物に何らかの影響を与えるんだろうなと

ここを見ているとそう思えてくる。


関連記事

ニセアカシアのアレロパシー