先日、所用で四国の徳島の吉野川付近に行ったのですが、




あたり一面、

3畝程を覆えるトンネルとハウスの中間の大きさのトンネル栽培が行われていました。


国道沿いの畑ではこのトンネルが果てまで並んで圧巻の風景です。


徳島は京都と比較して、暖かく日照の長い土地、

熱がこもり過ぎず、寒くもならずで他の地域では収穫できないような時期に一気に収穫して他府県に販売しているのだろね。


これが産地リレーと呼ばれる、

各地域の気候を利用して、収穫するタイミングをずらし、

タイミングのあった地域から他地域で出荷することで周年栽培を実現する仕組みなんだろうね。