毎日通る道に生産緑地があって、

水田がまとまった地区がある。


そういえば、

都市型農業の水田を毎日見る機会は今まで無かったなと、

毎日水田を意識しながら移動してみた。


5月の大型連休も終わり、梅雨へと向かう時期、

徐々に田に水入れを始めていたわけだけれども、

春の入水


入水が終わり、しばらく静置していると、




水の表面が緑で覆われていた。

緑藻が一気に繁茂したのだろうか。

太陽と海と藻類たち


諸々の事情で撮影できなかったけれども、

もっと緑に覆われている水田があって、

その水田を数日見続けたら、緑色が若干茶色みがかってきた。


ふととある過去記事を思い出した。

その記事というのが、魚の養殖と鶏糞

鶏糞という窒素分とリン酸分が豊富な有機物を水槽に入れると、

一気に緑藻が増え、それを追うように動物プランクトンが増えるというもの。


都市型の農業の入水で利用している用水路の水は富栄養なのか?

それとも水田自体が元々富栄養状態だったのか?


この栄養を求めて緑藻が集まり、緑藻を求めて動物プランクトンが集まる。


写真の更に数日後に水田の表面は澄んだんだけど、

その話は次回に回そうかと思う。


-続く-