ブナ科の大型のドングリを実らせるアベマキのようなクヌギのような木の幹で、



クズが巻き付いていた。

よく見る光景ではあるのだけれども、よくよく見ると、



蔓が幹に何かを差し込んでいるようには見えず、ただただ幹を這うように伸長しているのが凄いなと。




冒頭の写真を俯瞰してみると、木に巻き付いたクズは木の先端にまで伸長はできていないように見える。

この木は落葉樹なので、冬に向けて葉を落としたらクズの葉は一気に太陽の光を受けられるようになるのだけれども、クズ自身も地上部を落とすので関係ないか。