近所にある公園内の森っぽいところへ行った。


植林・植樹の前にの記事で触れた内容によると、

林床でシダ植物や低木が生えていないと、

森の木々たちは健全に生育出来ないとあった。


上の写真のような状況が理想に近い状態ということになる。


シダは加湿のところでないと旺盛に生えない

という特徴があるため、


周りで木が生い茂っていて、

木の葉の蒸散によって林床が湿っていないと

おそらくシダは旺盛に成長しないだろう。


悩ましいところだ。




話は変わって、



この公園の森には池がある。


先日の台風の影響か?

根元で折れた倒木が横たわっていた。


木の幹にはコケが生えていた。



折れた個所を見ると、

撥水性が高いとされる木質部が湿っているように見える。


森特有の湿気が木質部を常に湿らせるのだろう。

湿っていればキノコやカビが旺盛になるので、

木質成分が土に還るのがはやくなるだろう。

リグニンの分解に関与する白色腐朽菌


健全な森になるためには湿気が必要で、

その湿気は森の木々たちによるものだとすると、


ハゲ山の植林・植樹で

植物由来の湿気を最初に用意しなければならないのだけれども、

その湿気はどうすれば良いのだろう?


コケやシダのことをもっと知りたくなった。


関連記事

山の鉄が川を経て海へ