朝顔展で枝垂れアサガオという品種があった。

第57回朝顔展@京都府立植物園二日目


本来ならば、




上へ上へと周囲のものに巻き付きながら伸長するアサガオが、



枝垂れアサガオでは上に向かって伸長するどころか、

何かに巻きつこうともしないらしい。


ということは、

高校生物で光感受性というものがあったけど、

枝垂れアサガオにはそれがないということになる。


面白いことに、

光感受性がなくなった株が

周囲のものに巻き付くことも行わないということで、

巻き付くという行為自体も光の影響を受けているのかもしれない。


今回話題に出た光感受性だけど、

以前紹介したオーキシンというホルモンが関わっているので、

そのうちその話でも書こうかと

オーキシンと脇芽と不定根


関連記事

ヒルガオは強い


次の記事

第57回朝顔展@京都府立植物園最終日