先日、大阪では大雨警報が出た。

大雨警報の翌日、川や用水路の水量が増すもので、用水路に生えている草には相当のストレスが発生しているはず。


雨が止んでしばらくして、水量が落ち着いた頃に



こんな感じで草が倒れていると、水の流れは相当だったのだろうなと想像出来る。

こんな中、先端が太陽の方向に向かっているのが微笑ましいが、それ以上に、

不定根は最後の手段



水の流れで堆積していた有機物が流れてしまったのか?

根がむき出しになっている。


そんな中で、先端が太陽の方向に向かっている状況が神々しく見えてくる。


この草の生きる執念みたいなものは見習わなければいけないな。