前回の撫子采咲牡丹はカワラナデシコの様に引き続き、変化朝顔の展示の話



獅子咲きのアサガオが咲いていた。

※札には青掬水爪龍葉紫鳥甲獅子咲牡丹(あおきくすいつめりゅうばむらさきとりかぶとししざきぼたん)と書いてあった。



花弁の形状や捻れ、



おそらく蕊だよね?

これらが入り組んだ形状がまるで獅子の様だったから獅子咲きと名付けたんだろうね。


この花、

生殖器官としての機能は皆無だろうから、


見れば見るほど、

花とは一体何なのだろうか?と思えてくる。


次の記事

牡丹咲きのアサガオ