ちょうど一年前の今日、



カエデ君の生きる道


京都某所のとある柱も根元に

小さなカエデが芽吹いていた。


カエデの一生懸命さを見習おうと心に誓ったのを昨日の様に感じる程、

時間というのは速く流れていくものなのですね。


で、一年経って、あのカエデはどうしているかな?

と見に行ってみたら、



あれ?

もしかしていない?


抜かれたか…


なんてこった!


そんなこんなで、

このブログをはじめて一年が経過しました。