密封包装のお菓子を開けると出てくる脱酸素剤


とりあえずハサミで切って開けてみると、



黒い粒子と白い石が出てきた。

黒い粒子は



ハサミにこのようにつくのでこれは砂鉄だ。

磁気を持つということでこれは磁鉄鉱を含んでいるはず。

ブルカノ式火山の火山灰の土としてのポテンシャル


磁鉄鉱は四酸化三鉄で鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)を含んだ鉱物となる。

※Fe3O4もしくはFeO・Fe2O3

磁鉄鉱 - Wikipedia


この磁鉄鉱がどのようにして酸素をとるのだろう?




磁鉄鉱の反応を見る前に、

鉄の酸化を利用した有名な商品としてカイロがある。


カイロの反応は鉄が水と酸素に反応しながら、水酸化第二鉄{水酸化鉄(Ⅲ)}になる際に熱を発する。

式で書くと、

4Fe + 3O2 + 6H2O → 4Fe(OH)3 + 熱

で、鉄が酸素と水を吸収している。


鉄はFeではなく違う形だろうから実際はFeを含む物質だろうけど、

鉄が酸素をとるということは間違いなく、

脱酸素剤もこの仕組みを使っているということも想像出来る。


関連記事

鉄と上手なお付き合い

玄武岩を磨くと中は黒でした

ハードディスクが壊れる日は突然やってくる