土を上の画像の様な感じで配置して、

その土を濾過槽として使う。


上からpHが低い水を流し込むと、

下の水は中性に近い値になるらしい。

pHが高い場合でも中性に近い値になるらしい。


つまるところ、

土にはpHを中性付近にする緩衝性があることが分かる

く溶性が土のポテンシャルを上げる


これはく溶性の炭酸石灰や炭酸苦土といった炭酸塩が、

土壌中のpHの低い水に触れて中和される。


それだと、

pHが高い水だった場合はどうなるの?

って話になるよね。


そこでこんな話がある。




これからの話はあくまで教科書レベルであって、

実際にそういう風に動くかはわからない。


それを踏まえた上で、



アミノ酸という有機酸がある。

アミノ酸はアミノ基、カルボキシル基、あとはたくさん種類のあるアミノ酸毎に異なるRという構成でできていて、




どちらも水素イオン(H+)を保持することができる。




このような二つ以上の基をもつ化合物は周囲のpHの変動に対して素敵な反応をする。


周囲のpHが高い時、すなわちH+が少ない時は、



アミノ基に付いたH+を放出する。


逆に周囲のpHが低い場合、つまりはH+が多い場合は、

アミノ基がH+を受け取る。


アミノ酸等のもつこのような特徴を等電点と呼び、

等電点 - Wikipedia

(実際の等電点の意味は違うけど、そこはご愛嬌で)


等電点のある化合物を溜め込むと、

周囲のpHがなかなか変化しない緩衝性を得られることになる。


因みに、

等電点のある化合物を多く含むものとして、


続・マイナスは何からできてる?


腐植がある。


となると、

腐植は保肥力と緩衝性を同時に得られる

と言うことになる。