良い畑の土の条件と言えば、

今までに挙がった保肥力と緩衝性の他に、

く溶性が土のポテンシャルを上げる

マイナスは何からできてる?

続・マイナスは何からできてる?

腐植は動じない


排水性保水性がある。


排水といえば、土から水を抜くというイメージになり、

保水といえば、土の水分を保持しておく

という真逆っぽいことを言ってるけど、そんなこと出来るの?って話題によく挙がる。




これから表示する写真は同じ場所で撮影したもの



ここは栽培を開始した直後の時に撮影したもので、



ここは同じ畑の一年後

どちらも同じような時期に撮影している。


この写真を見比べ、

どちらが排水性が高いかと言えば、明らかに後者だろう。

(一応、同じような天候の時に撮影している。)


前者は通路に水が残っていて、コケが生え始めている。




(ほぼ鉱物)


(腐植だらけ。もちろん鉱物もある)


次に土を近くで見た写真を見比べてみる。

もちろん後者が1年後の畑。


どちらが湿っている様に見えるかと言えば、

後者の方が保水している様に見える。

(前者の写真はぱさぱさしている)


まとめると、

後者の写真は一年前の状態と比べると

排水性と保水性をもった土壌になっており、



絶対にこの畑の方が、

品質の良い作物が採れる様に見え、

実際にこの畑で奇跡が起こった。


というわけで、

良い土というのは排水性と保水性を両方持っている

ということになる。


次回からもっと詳細を見ていこう