F1種子から種採りしてみたら

AA、aaとAaという形質があって、

Aaを高品質とし、

AAとaaは低品質だけど親株として重要

という例を元に

F2の品質が如何にばらつくかという内容を記載した。


これだったら、

親株用の種採りはそんなに難しくないんじゃね?

という話になるので、


今回はもう少し深いところを見ていくとする。




ここで遺伝について深く触れる気はないので、

さらっと流すけど、


遺伝はいろんな要因が重なっての結果なので、

AAやaa以外にも他にも要素というものがある。

ナズナの果実の型の同義遺伝子


例えば、高品質の条件として、甘さと歯ごたえが合ったとして、

甘さをAかa、歯ごたえをBかbにすると、


ABAbaBab
ABAABBAABbAaBBAaBb
AbAABbAAbbAaBbAabb
aBAaBBAaBbaaBBaaBb
abAaBbAabbaaBbaabb

これだけのパターンが出てくる。


たとえば、親株でAABBという株とaabbという株を持っていれば、

子供はAaBbで必ず高品質になるけど、

この子供から生まれたF2世代は上の表の様にばらつきが発生する。


F3世代でF1と同じ品質のものを得たければ、

親株として1/16の確率で発生するAABBとaabbを確保しなければならない。


要素Cを追加すると、

更に確保しなければならない株の発生確率は1/64に下がる。


品種改良において、

要素が3種で収まることなんてないだろうから、

親株を得ることが如何に大変か?ということが発生率からわかる。


これらの話を踏まえた上で、

前回の育種学にはもうひとつ大事な知識があって

のフリを書こうかと思ったけど、


今回の話が長くなったので、

この話は次回にする。


-続く-