チャットワーク(ChatWork) | ビジネスが加速するクラウド会議室


PHPでチャットワークAPIを介してメッセージを投稿してみるでPHPからチャットワークに投稿する内容を記載した。


が!

おそらく普段の業務ではPHPでコードをゴリゴリ書くよりも、

Google Apps Script(以後、GAS)で書いた方が様々なWebアプリを簡単に利用できるGoogle Appsの恩恵を預かれるため有効だろう。

社会人・学生向けプログラミング教室でGASで業務改善の勉強会を行いました

Apps Script | Google Developers

G Suite - Gmail、ドライブ、ドキュメントなど


というわけで、

GASからチャットワークに投稿する方法を調べてみた。




GASからチャットワークへの投稿に関して、チャットワークの中の人のブログ記事を見つけた。


ライブラリ名:

ChatWorkClient for Google Apps Script


GitHub:

https://github.com/cw-shibuya/chatwork-client-gas


プロジェクトキー:

M6TcEyniCs1xb3sdXFF_FhI-MNonZQ_sT


こちらの内容でGoogle Apps用のアプリを公開しているとのこと。

チャットワークAPI を Google Apps Script で使ってみた | チャットワーククリエーターズブログ


というわけで、

早速、ChatWorkClient for Google Apps Scriptを試してみることにした。




GASのスクリプトエディタ内でアプリをインストールしてみる。

はじめにGoogleドライブでエディタを開き、



リソースのところにあるライブラリ...を開く。



上記のようなモーダルが表示されたら、ライブラリを追加のフォームに上記のプロジェクトキーを入力して保存する。



プロジェクトが登録されたら、バージョンで数字が一番大きいものを選んで再び保存する。

これで準備はできた。


早速、チャットワークに投稿するためのスクリプトを作成してみる。

書いたコードは下記になる。


function sample() {
  var api_token   = 'xxx'; // チャットワークAPIのAPIトークン
  var room_id     = 0;     // 送信先のチャットのid
  var cw = ChatWorkClient.factory({token: api_token});
  cw.sendMessage({room_id: room_id, body: 'test message'});
}

APIトークンとチャットのidは下記の記事と同じものを使用しています。

PHPでチャットワークAPIを介してメッセージを投稿してみる


スクリプトがかけた時点で早速実行した後、

チャットワークを開いてみると、



GASのエディタ内で指定した文字列が投稿されていた。




GASにはトリガーという実行の時限設定を行うことができる。

Gmailと連携して、メールタイトルに○○という文字列があった場合はチャットワークの指定のルームに投稿するという処理を一つ追加するだけで、お問い合わせ内容をチャットワークで共有できるアプリが完成する。


他にもGoogleカレンダーで共有すべき予定のみ早朝にチャットワークに投稿して、

○○さんは本日どこにいるのか?アプリを作成することもできる。


業務改善はChatWorkを使い倒す他に、

G Suiteも使い倒すことに活路がある。

G Suite - ビジネスに対応した Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダーなどのサービス