Muninで監視用サーバを構築する1の続き

前回は監視用のサーバの準備まで行った。


今回は外部で運営しているサービスの監視の設定を記載します。


IPアドレスが192.168.80.80でドメインがhoge.comで運営しているWebサイトなりサービスを監視する。

監視サーバのIPは192.168.100.120とする

※各サーバのIPアドレスは実際には外向けではあり得ません。その点はご了承ください。


はじめに監視対象のサーバの設定を行います。

監視対象のサーバは実際のWebサイトなりサービスなりを運営している方のサーバです。


サーバにリモートでアクセスし、munin-nodeをインストールしておく。


sudo apt-get update
sudo apt-get install munin-node

インストール後に管理用サーバからのリクエストを許可しておく


sudo emacs /etc/munin/munin-node.conf

allow ^127\.0\.0\.1$
allow ^192\.168\.100\.120$

allow ^127\.0\.0\.1の下に監視用のサーバのIPを追加しておく。


大体のサーバはファイアウォールの設定をしているものなので、

munin-node用のポートを開けておく。


sudo ufw allow 4949
sudo ufw enable

#ポート4949が開放されているか確認
sudo ufw status

sudo /etc/inid.d/munin-node restart

これで監視対象のサーバの設定は終了です。




続いて監視側のサーバの設定です。

監視側のサーバにリモートでアクセスし、


sudo emacs /etc/munin/munin.conf

# a simple host tree の下に下記を追加
[hoge.com]
    address 192.168.80.80
    use_node_name yes

[]内とaddressはサーバに合わせて適宜修正します。


#必要かどうかわからないけど、念の為
sudo /etc/init.d/apache2 restart

ここまでできたら、しばし待った後に監視用サーバのMuninの画面を開いてみると、



Muninのトップページに新たなリンクが追加されています。

これで外部サーバの監視の設定は終了です。