PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:PHPのインストール編


ApacheとPHPのインストールが終わった。

とりあえず、ローカル環境で商品情報の登録チェックを行える様になったわけですが、


今回の仕事に関わっている人のほぼすべてが

在宅で作業を行いたいということで、

HTMLや画像のファイルの管理が面倒になる。


メンバーはプログラマではなく、デザイナでもない。


Gitに対して、まだ苦手意識どころか、

難しいという先入観すらないということで、

難しそうだと感じられる前にGitを導入することにした。

※Gitはバージョン管理システムです。詳しくはバージョン管理システム - Wikipedia


Gitはそのまま使うから難しそうに見えるわけで、

Gitをマウス操作だけでいけるTortoiseGitも導入した。

Git

TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git


GitもTortoiseGitもインストール自体は、

公式サイトでDownloadをクリックしてファイルを取得し、

ファイルをダブルクリックして画面の指示に従って入れれば良いだけなので省略する。




ファイルの管理は無料で5個までリポジトリを持てるBitBucketで行うことにして、

最初にこちらでリポジトリを作った。

ここらへんも省略する。

Bitbucket - The Git solution for professional teams


今回のTortoiseGitを採用した理由として、



プル(サーバから最新のファイルを取得する)とプッシュ(サーバに変更したファイルを送信する)が

右クリックで開いて選択するだけで行えるという点で、



サーバから最新ファイルを取得するプルは

右クリック → Git同期 → プルという手順でクリックしてくださいと伝えれば良いし、



修正を加えたファイルがある場合は

右クリック → Gitコミットで上の画面を開き、

変更した項目にチェックが入っているか?

入っていなければチェックを入れてコミットして…のところをクリックしてくださいと伝えるだけで良い。


念のために、

作業を始める前に必ずGit同期でプルをしておいてくださいね。

と伝えておければ、


ファイルが競合になることはなかなかない。

競合になったら連絡を下さいと伝えるだけで十分。


これで作業は相当楽になった。