カテゴリー : SOY_CMS/

SOY

SOY CMSの開発秘話を投稿しました。→SOY CMSの開発秘話
ブログ内検索
 

SOY CMSでWordPress記事インポートプラグインを作成しました

表題の通り、WordPress記事インポートプラグインを作成しました。インポートの仕組みはWordPress用のデータベース(MySQL)に接続し、データを抽出し、SOY CMSのデータベースのスキーマに合うように整形して挿入します。現時点でのWordPressのバージョン(5.5.3)のデータベーススキーマは3.3系から変更されていないので、当プラグインも3.3以降に対応にしています。WordPressのデータベースのスキーマを調べる当プラグインはWordPressで実際に...

 

さくらインターネットでテスト環境を作って、SOYCMSとSOYShopを動かしてみる

テスト環境を作るためにサーバを借りる必要が出てきた。さくらインターネットでは2週間のお試しができる。まず環境は、Windows10さくらの共有サーバプレミアムプランで申し込んでみる。ドメインの初期設定、支払い方法などをすませると申込みがてきで、さくらから会員登録完了のお知らせ、お申込み受付完了のお知らせ、レンタルサーバ仮登録のお知らせがメールで来る。次にサーバにsoycmsをアップロードしてみる。ここではファイルの転送にFilezillaを利用する。レンタルサ...

 

SOY ShopのPAY.JPクレジットカード支払いモジュールでテストモードの通知を強化しました

PAY.JPクレジットカード支払いモジュールで、テストモード中、SOY Shopの管理画面の新着にテストモードの表示を追加することにしました。SOY ShopでPAY.JPクレジットカード支払いモジュールを作成しました今回の追加の背景ですが、本来であればクレジットカードモジュールの導入は最初にテスト支払いを確認して、一旦本番にしたらなかなかテストモードには戻しません。新機能の確認で戻したとしても、すぐに本番の状態にするため、テストモード外し忘れはなかなか発生しません。今回...

 

SOY Shopで管理画面でSOY Shopらしさをなくす

SOY Shopで予防接種用の予約アプリの開発を行いましたの記事のようにSOY Shopでショップサイト以外のサイトを作成することが多くなりました。これらの対応をしてみて、感じた事として、管理画面のショップという文字を可能な限り消したいということ。今までもヘッダのロゴ画像やアプリ名の変更の機能は追加してきましたが、管理画面のURLがhttp://example.com/cms/soyshop/index.phpとURL内にsoyshopの文字列が残っていました。S...

 

SOY CMSでラベルカスタムフィールドを作成しました

SOY CMSでラベルカスタムフィールドプラグインを作成しました。このプラグインの用途は、SOY CMSのブログページのカテゴリページで、カテゴリ毎に出し分ける説明文の強化に利用します。今までもカテゴリー詳細表示プラグインで実現できましたが、ラベルのメモのみで、メモを他の用途で使用しなければならない時は、カテゴリページでカテゴリ毎に出し分けの術がありませんでした。ブログページのカテゴリとして利用するラベルの詳細画面でカスタムフィールドの項目を設け、...

 

SOY Shopでメンテナンスページ設置プラグインを作成しました

ショップサイトがメンテナンス中に簡単にメンテナンスページを表示したいという要望がありましたので、メンテナンスページ設置プラグインを作成してみた。トップページや404NotFoundページをナビゲーションページで作成する - SOY Shopを使ってみように記載されている404NotFoundページと同じ要領で、メンテナンスページを作成することで設定は終了です。※詳しい手順はプラグインの詳細画面に記載がある。メンテナンスページを設置すると、メンテナンスページの表示のオン...

 

SOY CMSの管理画面のHTMLファイルの探し方

フォーラムでSOY CMSの管理画面のUIを改修したいので、該当するページのテンプレートがある箇所を教えて欲しいという投稿があったので、管理画面のHTMLファイルの格納ディレクトリの規則を整理する。ドメインをexample.comにして、SOY CMSのインストールディレクトリをcmsにする。SOY CMSであれば、管理画面のURLを特定したいSOY CMSのページのテンプレートの編集画面を例にして話を進める。はじめにブラウザのアドレスバーを確認すると、htt...

 

SOY CMSでスマホでブログ投稿プラグインを作成しました

表題の通り、スマホからブログの投稿を行う事ができるプラグインを作成しました。プラグインの作成と記載しているが、SOY CMSが3系になった時点で既にスマホからブログ記事の投稿自体は出来るようになっています。今回のプラグインでは、スマホから画像をアップロードした時に画像をリサイズしつつ最適化してサーバにアップロードする事を担います。※一行で二つのimgタグがある場合は未対応UIの面でいくつか課題があるので、現時点では不格好な記事投稿画面になっていますが、...

 

SOY InquiryでRCE(Remote Code Execution)の脆弱性に対応しました

SOY InquiryでRCE(Remote Code Execution)の脆弱性に対応しました。任意コード実行 - Wikipediaクリティカルな脆弱性でSOY Inquiry 2.0.0.3以前のバージョンすべてが対象です。下記ページから対応版をダウンロードできるので、至急バージョンアップをお願いします。https://saitodev.co/soycms/soyinquiry/

 

SOY CMSのカノニカルURL挿入プラグインでトライリングスラッシュの設定を追加しました

表題の通り、SOY CMSのカノニカルURL挿入プラグインでトライリングスラッシュの有無とwww.の有無の設定を追加しました。SOY CMSでカノニカルURL挿入プラグインを作成しましたトライリングスラッシュというのは、たとえば、アズキの種皮から発見された色素という記事名であった場合、URLがhttps://saitodev.co/article/アズキの種皮から発見された色素になりますが、URLの末尾が.htmlや.phpのような拡張子でなければ、https://saitodev....

 

SOY CMS / Shopで別サイトのモジュールを読み込む

SOY CMSやSOY Shopの共通部分のHTML用でHTMLモジュールという機能で、別サイトのモジュールを読み込めるようにしてほしいという要望がありました。共通箇所はHTMLモジュールで管理する - SOY CMSを使ってみよう共通箇所はHTMLモジュールで管理する(SOY Shop) - SOY Shopを使ってみよう試験的な意味合いで、下記のような機能を設けてみました。例えば、サイトIDがotherSiteという別サイトで!-- cms:module="html.sa...

 

SOY ShopでLogin with Amazonプラグインを作成しました

表題の通り、SOY ShopでLogin with Amazonプラグインを作成しました。AmazonアカウントでSOY Shopにログインできる機能です。Login With Amazonでのログイン時に、取得できるデータがAmazonで使用されているID、名前とメールアドレスのみです。今後、Amazon Payの宛先の取得を模索する予定です。SOY ShopでAmazon Pay ワンタイムペイメント支払いモジュールを作成しました今回の機能は下記のURLにあるパッ...

 

WSL2でSOY CMSの開発環境を作ってみた(virtualhost編)

前回はwslでAoache2とPHPの設定を行い、SOY CMSを動かしました。WSL2でSOY CMSの開発環境を作ってみた今回は、virtualhostを立てて、そこにSOY CMSを入れてみます。最終的な環境OS:Windows 10 Homewsl2上の環境Ubuntu-20.04 Apache2.4.38PHP7.4.3Virtualhostを立ち上げる時に、あらかじめドキュメントルートにしたいディレクトリを作る。今回は、/home/ryoko/...

 

WSL2でSOY CMSの開発環境を作ってみた

CORE i5 iiyamaのパソコンを購入した。WSL2(Windows Subsystem for Linux:以下wslと表記)が入っており、WindowsでLinuxが使える点が購入に決めてだった。Windows Subsystem for Linux - Wikipediawslを使う利点は、プログラミングの実行環境を準備するのがWindowsの標準を使うよりはるかに簡単である。私の開発環境は、wslでLinuxのUbuntuを使えるようにした。その手順は、下記...

 

SOY Shopのマイページ機能でパスワードの文字数制限の設定を追加しました

表題の通りで、SOY Shopの会員(マイページ)機能でパスワードの文字数制限の下限の設定を追加しました。このご時世、パスワードが8文字以上の制限があると嫌だという要望がありまして、任意で文字数を決められるように改修しました。後々、パスワードの強固判定も追加できたらと考えていますが、それはしばらく後になりそうです。今回の機能は下記のURLにあるパッケージでご利用できます。https://saitodev.co/soycms/soyshop/

 

SOY ShopでログインIDの項目名の変更を追加しました

SOY Shopで患者番号のようなIDでマイページにログインしたいという要望がありました。SOY Shopのマイページではメールアドレスだけではなく、ログインIDでログインという機能があるため、ログインIDを使えば要望を満たす事になりますが、登録画面でログインID = 患者番号という前提で運営するのは何かとわかりにくい。ということで、ログインIDの名称を変更できる設定を設けました。紛らわしい名称は運営コストと教育コストが上がってしまう為、簡単な改修では...

 

SOY ShopでAmazon Pay ワンタイムペイメント支払いモジュールを作成しました

Amazon Pay | 簡単で安心なオンライン決済を | アマゾンペイ表題の通り、SOY ShopでAmazon Pay ワンタイムペイメント支払いプラグインを作成しました。SOY Shopのカートで上のキャプチャのような支払い方法の選択画面を設置することができます。今回の機能は下記のURLにあるパッケージでご利用できます。https://saitodev.co/soycms/soyshop/開発用のメモAmazon Pay Widget...

 

SOY CMSで複数ページフォームプラグインを作成しました

SOY CMSで複数ページのお問い合わせフォームを設置したいという要望が非常に多くありまして、都度開発だと大変なので、複数ページフォームプラグインというものを作成しました。プラグインの詳細ですが、SOY CMS側で複数ページフォームプラグインの詳細を開き、フォームの構成を決めます。各ページの詳細ページでページ毎の構成と、次のページをどこにするか?を決めます。各ページの設定が終了したら、SOY Inquiryと同じ要領で公開側のページにフォー...

 

SOY Shopで軽量版集計プラグインを作成しました

SOY Shopで管理画面の注文画面で使用できる集計プラグインの軽量版を作成しました。今までの集計プラグインとの違いですが、今までの集計プラグインでは、検索条件を検索結果をエクスポートする(二枚目の画像)の箇所であっても、プラグイン側で検索条件を持っていましたが、プラグイン側で検索項目を持つことを止めて、管理画面の注文検索を用いるように変更しました。この背景として、注文検索の画面で検索項目を増やすことができる拡張ポイントを設けたことで、高度な注文検索を行うことができるようになりました...

 

SOY Shop 2.0.0

SOY Shop 2.0.0 β非公式でメンテナンスを続けている立場ではありますが、SOY Shop 2を公開します。SOY Shop 2とありますが、データベースの大幅な変更は特になく、SOY Shopの1系の延長上にあるものとして、ご利用の際はいつも通りのバージョンアップを行ってください。SOY CMSのバージョンアップについてSOY Shop 2での大きな変更点は、・管理画面のUIでBootstrapによるレスポンシブ対応・公開側ページの読み込みの省力化...

 

SOY Shop版HTMLキャッシュプラグインを追加しました

SOY Shop 2でSOY CMSのHTMLキャッシュプラグインで高速化の記事で紹介したHTMLキャシュプラグインのSOY Shop版を追加しました。SOY Shop 2.0.0 βこのプラグインを使用する上で注意すべき箇所としまして、ネットショップのサイトでよく見かけるカートの中身のウィジェットがHTMLキャッシュの生成によって使用できなくなります。サイト訪問者がどれくらいカートに入れたか?の情報を省くと操作性が著しく悪くなるので、カートウィジェットは...

 

SOY CMSを介さずにSOY2Mailでメールを送信してみる

PHPの実行環境でフルスクラッチでsendmailを実行する必要が出てきた。mail関数はメール送信前にヘッダ周りの設定が何かと面倒なので、SOY CMSの開発で様々なサーバの運営に関わった知見を活用するため、SOY CMS内で動いているSOY2フレームワークのSOY2Mailのみを使用することにしてみた。SOY CMSの開発秘話root├── index.php└── lib└── soy2_build.phpSOY2Mailを試す為のファイル構成は...

 

SOY CMSでLazyLoadプラグインを作成しました

【SEO対策】Lazy Loadの記事でChromeで有効な画像の遅延読み込みの内容に触れましたが、SOY CMSではブログページの記事毎ページで記事の内容中にある画像ファイルに対して、Lazy Loadの指定を行うことができません。そこで、記事毎ページを表示する前に記事の本文を精査して画像ファイルが3枚以上ある場合は3番目の画像以降すべてのimgタグにloading="lazy"の属性値を付与してページを出力するプラグインを作成しました。このプラグインは記事本文の精査にリソース...

 

SOY ShopでRFID在庫管理ツール ZAIKAに対応しました

RFID在庫管理ツール『ZAIKA』 – ZAIKAはレンタルサービス専用のRFID在庫管理ソフトです。ミスが起きやすい「発送・返送時の作業効率が劇的に改善」されます。さらに、通常のレンタルオペレーションでは「困難な在庫単位での収益・稼働・状態管理」を実現しました。SOY Shopでレンタルサービス事業者向け RFID在庫管理ツール ZAIKAでAPIを介して連携できるプラグインを作成しました。当プラグインを利用するにあたって一点程注意がありまして、SOY Shopでレンタル業務を行...

 

SOY InquiryのMySQL版でIPv6経由でのアクセスに対応しました

SOY Inquiryではお問い合わせがある度にお問い合わせ詳細にIPアドレスのログをとる仕様があります。上のキャプチャではIPアドレスのログはIPv4になっていますが、環境によってはIPv6でアクセスがあり、お問い合わせ時にIPv4ではないというエラーが発生してお問い合わせの処理が止まるという不具合に遭遇しました。※MySQL版のみ【SEO対策】IPv6そこでIPv6に対応できるようにIPアドレスのカラムの文字数の上限を増やしました。今回の変更はSOY In...

 

SOY CMSとSOY Shopの管理画面でメモウィジェットを設置しました

php-webdriverでelement click interceptedのエラーに対しての記事でも触れましたが、SOY CMSとSOY Shopに常に画面左下に設置されるメモウィジェットを設置してみました。開発の経緯はVPSサーバで運営方法によって、PHPの標準の設定ではデータが扱えないことがあり、php.iniをいじることがあります。例えば、一回に100点近くの商品をまとめて注文するサイトでは、カートに入っている商品の配列がオーバーフローを起こし、エラ...

 

SOY CMS内のTinyMCEでstyleタグを使用する

SOY CMSの記事の投稿画面で、記事の本文中でstyleタグを入れたいという質問がありました。SOY CMSの記事の投稿画面ではTinyMCEというWYSIWYGエディタを利用していますが、The Most Advanced WYSIWYG HTML Editor | TinyMCEWYSIWYG - Wikipediaソースコードを直接記述する機能を使用し、上記のようにstyle付きのHTMLを記述し、OKを押してみると、style...

 

SOY ShopでSMBC GMO PAYMENT用の決済モジュールを作成しました

表題の通り、SOY ShopでSMBC GMO PAYMENT用のクレジット決済モジュールを作成しました。SMBC GMO PAYMENT当プラグインは標準機能には同梱しないので、利用したい方は下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。お問い合わせ追記当モジュールの開発に合わせ、GMOペイメントゲートウェイ用のクレジット決済モジュールも作成しています。GMOペイメントゲートウェイ:クレジットカード払いの決済代行など多様な総合決済サービスをご提供

 

SOY ShopのオーダーカスタムフィールドでjQueryのDatepickerを使ってみる

配送と店舗受け取り型の形態のネットショップを運営予定の方から、カートのお支払い・配送方法の選択画面で、配送(上のキャプチャでは宅配便)と店舗受け取りを並べつつ、どちらの注文も同時に対応できるようにしたいという要望がありました。どちらか一方であれば、標準配送モジュールの複製と少々のカスタマイズで事足りるが、一つの注文で両方同時に選択したいという要望の為、プラグイン(モジュール)の複製では要件を満たさない。SOY Shopの配送モジュールのカスタマイズ例そこで、配送モ...

 

SOY2HTMLで軽微なカスタマイズを加える為の機能を追加しました

SOY CMSとSOY Shopの両方で隠しモードとして、SOY2HTMLでクラスファイルと同名のHTMLファイルを読み込む際、HTMLファイルのファイル名の頭に_(アンダースコア)を付与することで、アンダースコア付きのHTMLファイルを読み込む機能を追加しました。SOY2HTMLとはなんぞや?と疑問に感じた方は事前に下記の記事をご覧ください。SOY2HTMLで処理とデザインを切り分ける今回の改修の具体的な内容に移り、ショップ情報表示プラグイン(ID:arrival_sh...

 

【SEO対策】HTMLの圧縮

【SEO対策】Gueztliで画像のファイルサイズの削減の記事でクライアント(サイトを見る側)とサーバ間でのデータのやりとりで、転送量を減らすと良いという内容を紹介しました。ここで今回紹介するHTMLの圧縮を行うと、更に転送量が減らすことが出来ます。2020年6月時点で、表示速度の高速化や転送量はSEOにあまり影響を与えないとのことですが、これから更にデータのやりとりが増えるであろう中で、転送量を減らす取り組みはエコに繋がるはずなので、HTMLの圧縮はやっておいた方が良いはず。H...

 

SOY CMSでカスタムフィールドデータ移行プラグインを作成しました

SOY CMSを長い間利用している方から、今まで投稿し続けた記事を元にユーザビリティを高めたいということで、カスタムフィールドのデータの一部を強力な検索機能を有するカスタムサーチフィールドに移行したいという要望がありました。SOY CMS版カスタムサーチフィールドこの要望に対応すべく、カスタムフィールドデータ移行プラグインというものを作成しました。カスタムサーチフィールドは数字や範囲といったデータ型が整数であったり、検索性を高める為、文字列と複数行文字列でデータ型を分けていたりし...

 

SOY CMSでブログ記事連番プラグインを作成しました

SOY CMSのユーザからブログページで記事毎に何番目の記事か?記事番号を出力したいという要望があり、ブログ記事連番プラグインというものを作成しました。今回の連番は本来ならば標準機能にありそうな機能ですが、SOY CMS特有の記事とページは互いに独立しているという仕様により、ブログページであっても連番の出力、つまりは記事自身が何番目であるか?の判断に少し複雑な処理が必要になり、処理の負荷を減らす意味合いで標準機能に組み込むのをやめて、プラグイン形式にしました。今回対応分を含んだパ...

 

SOY Shop 2.0.0 β

SOY Shopの管理画面のUIをSOY CMSの3系のUIに切り替え、新たなバージョンとしてリリースすることにしました。公式の開発元があまりにも動きがないので、非公式の立場ではありますが、バージョンを一つ上げることにしました。開発元を退職した私がSOY CMSを開発し続けている訳SOY ShopでSOY CMS 3系テンプレート風にしたいとずっと思っていました。3年程前にSOY Shopの管理画面でプラグインがページを持てるようになりましたの記事で触れているプラグイン毎にペ...

 

SOY CMSで記事毎画像アップロードプラグインを作成しました

カスタムフィールドの画像フィールドのような形で、アップロードできる画像の枚数が無制限のカスタムフィールドが欲しいという要望がありました。最初はカスタムフィールドアドバンスドで複数画像のフィールドを追加することを検討しましたが、画像が複雑になるため、独立した形で新たにプラグインを作成しました。今回作成した記事毎画像アップロードプラグインは、管理画面の記事投稿(もしくは記事編集画面)に画像をファイル枚数が無制限にアップロードできるフォームを設置でき、※ファイルの枚数に...

 

SOY CMSのカスタムエイリアスプラグインでモードを追加しました

SOY CMSのブログページでは、標準設定ではhttps://ドメイン/ショップID/ページのURI/articles/記事タイトルという仕様になっていますが、カスタムエイリアスプラグインを利用すると、URLの記事タイトルの個所を自由に変更することが出来るようになります。このカスタムエイリアスプラグインですが、記事作成時に毎回エイリアスを考えるのは大変だけれども、記事タイトルでは嫌だという意見がちらほらと挙がっていたので、記...

 

SOY ShopでFacebookページショップと連携する

SOY Shopで販売している商品をFacebookページショップ(or Instagramショッピング)で販売する為の手順を紹介します。はじめにSOY Shopに同梱されているFacebookページショップ用XMLプラグインを有効にして、Facebookページショップに登録する為のXMLページを作成します。例:https://saitodev.co/shop/facebook_catalog_manager.xmlこれから先はFacebookやInstagramの方の手...

 

SOY Shopでカスタムフィールド置換文字列プラグインを作成しました

商品毎に設定したカスタムフィールドの値を注文後に自動送信される注文受付メール等で挿入したいという要望がありましたので、カスタムフィールド置換文字列プラグインを作成しました。カスタムフィールド置換文字列プラグインの詳細画面でどのように置換するかといったフォーマットを作成し、メール設定の各メールのテンプレートにカスタムフィールドの置換文字列を加えると、上記のように商品数分だけフォーマットから文字列を作成して、指定の個所で置換します。今回のプラグ...

 

SOY CMSの静的化プラグインで高速化

PageSpeed Insights - Google DevelopersSOY CMSのHTMLキャッシュプラグインで高速化の記事で静的化プラグインには欠点があり、その欠点を解消するためにHTMLキャッシュプラグインを開発したという内容を記載しましたが、静的化プラグインの欠点を改修してみました。静的化について先に触れておくと、例えば、https://saitodev.coを開いた時、表示結果をHTMLにして、https://saitodev.co/index.ht...

 

SOY CMSのHTMLキャッシュプラグインで高速化

PageSpeed Insights - Google DevelopersSEO対策、最終産物のHTMLのキャッシュで高速化で紹介した静的化プラグインですが、諸々の欠点があり推奨していませんでしたが、静的化プラグインが持つ欠点を解消したHTMLキャッシュプラグインというものを開発しました。HTMLキャッシュプラグインで導入した機能として、・静的化プラグインでは標準ページは指定のディレクトリにindex.htmlを生成したが、HTMLキャッシュプラグインでは標準ページ...

 

【SEO対策】最終産物のHTMLのキャッシュで高速化

SEO対策、データベースチューニングでサイトの表示速度を上げる為にはMySQL等のサーバ型のデータベースを採用して、サーバのメモリが許す限りデータベースにメモリ等の使用を振り分けるという内容を紹介しました。と紹介したものの、当サイトではデータベースはファイル型のSQLiteを使用しています。理由はSOY CMSを利用するであろうユーザのほとんどがMySQLがチューニング出来ないサーバを利用するはずで、SQLiteで高速化が出来なければ意味がないだろうと判断して、SQLiteを使用し続...

 

SOY InquiryでParsely.jsを利用する際のチェックボックスの対応

SOY InquiryでParsely.jsを利用するの記事後に下記の質問がありました。ラジオボタンとチェックボックスのカラムでParsely.jsはどうやって使用すれば良いですか?取り急ぎ、ラジオボタンは他のカラム同様、required属性を利用するにチェックと属性にParsely.jsの属性を追加すれば良いように対応しました。対応済みのパッケージは下記のページからダウンロードすることが出来ます。SOY Inquiry - saitodev.co...

 

SOY InquiryでParsely.jsを利用する

本題に入る前に先にParsely.jsについて触れておくと、Parsely.jsお手軽に見栄えの良い入力内容のチェックを設置出来るJavaScriptのライブラリです。このバリデーションのライブラリをSOY Inquiryで使用したいという要望がありましたので、設置方法を整理します。最初にカスタマイズ用のフォームテンプレートを準備します。下記の記事を参考にして、カスタマイズ用のテンプレートが出来ていることを前提にして話を進めます。スマホ対応のお問い...

 

SOY CMSでページ毎表示制限プラグインを作成しました

SOY CMSの機能の一つに管理側にログインしている時のみ表示という公開直前のCMSへの組み込みの際に公開側のページを非表示にしておける機能がありますが、運営中のサイトで新たにページを追加する時の作業で、部分的にこの機能を使用したいという要望がありました。そこで、ページ毎表示制限プラグインというプラグインを作成して、ページ毎に表示の制限を追加しました。このプラグインで設定したページも管理画面にログインしている時、同じブラウザの別タブでページを開いた時に表示の制限を行います。今...

 

SOY Shopの顧客機能を活用して買取管理アプリを開発しました

人文と社会の書林様サイトにて本の買取管理アプリの開発を行いました。https://www.tetsugakukaitori.com/今までSOY Inquiryで買取集荷依頼等のフォームを設置し、各種依頼を受けていましたが、SOY Shopの顧客名簿と連携して、買取依頼の管理を行うことが出来ないか?というで開発が始まりました。SOY InquirySOY Shop買取管理アプリの為に実装した内容は、SOY Shopの管理画面でプラグインがページを持てるようにな...

 

SOY CMSでドメインが異なる複数のサイトを運営する

一つのサーバで複数のドメインのサイトを運営する事になったので、その時に対応したメモを残す。具体的にどのような構成であるか?を整理しておくと、example.kyotoとother.example.kyotoという2つのドメインがあり、全く異なるテーマのサイトを一つのサーバで一つのSOY CMSで運営する。利用しているサービス等・サーバ:さくらのVPS 512プラン・OS:Ubuntu 19.10・ドメイン:お名前.comで管理・SSL証明書:Let's Encry...

 

SOY Shopのメール送信種類追加プラグインで顧客詳細メールの種別を追加しました

SOY Shopで業種に合わせて高度なメール種別を追加してみるの文中で紹介しました「メール送信種類追加プラグイン」で顧客版が欲しいという要望がありましたので、SOY Shopで顧客宛メールの送信を追加しましたメール送信種別を追加する時に、注文か顧客で種別の選択をできるようにし、顧客詳細ページにて、どちらのメールで送信できるかを選択できる画面を設けました。今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。https://saitod...

 

SOY ShopのマイページのフォームでParsely.jsを使用する際に注意すること

本題に入る前に先にParsely.jsについて触れておくと、Parsely.jsお手軽に見栄えの良い入力内容のチェックを設置出来るJavaScriptのライブラリで、form data-parsley-validate上記のようにdata-parsely-validateと、必須にしたい項目にrequiredを付けるだけで設置が完了します。このライブラリをSOY Shopのマイページ等で使用する場合はひと工夫が必要になります。話を始める前にマイページ内のフ...

 

SOY Shopで商品毎パーツモジュール選択読み込みプラグインを作成しました

上の画像のように商品ごとに(HTMLタグ込で)そこそこの長さの定型文を扱う予定のサイトがありまして、商品ごとに定型文を設定して商品詳細ページで商品に合わせて定型文の出し分けを行いたいという要望がありました。※パーツモジュールに関しては下記の記事をご覧ください。共通箇所はHTMLモジュールで管理する - SOY Shopを使ってみようプラグインの管理画面で定型文設定のプラグインを開発しても良かったのですが、少しひねりを効かせて、パーツモジュール内で他のパーツモジュールを呼び出せるプ...

 

SOY Shopで顧客宛メールの送信を追加しました

表題の通り、SOY Shopの管理画面から顧客宛にメールを送信できる機能を追加しました。今回の改修前から顧客宛にメールを送信することは出来ましたが、注文詳細から配送連絡等の何らかの要件の為のメールの送信のみでした。今回の改修は要件無し、例えばマイページに設置したお問い合わせフォームからのお問い合わせの質問に管理画面から返答する術がなかった為、それを補う意味合いで顧客宛のメール送信の機能の追加になっています。SOY Shopでマイページ用お問い合わせフォーム設置プラ...


Powered by SOY CMS  ↑トップへ