京都市内のとある畑で休ませているところがあった。

その畑というのが



この通り、ひび割れで草があまり生えていないし、

生えていたとしても背丈は低い。


そんな中、

この手の土を得意とする草はいるものだろうと探してみたんだけど、



強いと思われるノゲシのような草がこの通り。

用水路とキク科の草


植物は動けないので、

根を生やしたところの環境を変えながら成長する

といういうけれども、

クローバの根の周りで何か起こってる


どの草もうまく成長できなければ、



この環境は様々な草にとって快適に過ごせる環境になることはない

ということになる。


世界で問題になっている農地からの砂漠化はきっとこういうことなのだろうな。


なんてことをしみじみ