※写真は京都農販の木村 土壌分析の結果から栽培時にどのような問題が起こるか?の予想の話をしている


こと京都株式会社さんの社内研修の一環として土壌分析の活用についての話をしました。

土壌分析の各項目の確認と肥料の組み合わせによる改善の話をした後、

実際の土壌分析の結果をもとに改善をしない状態で作付けを行った場合にどのような問題が発生するのか?の確認を行いました。


土壌分析の結果というのは作付け前に不足している養分を補う為に使うものではなく、

栽培しやすい土壌に近づいているかの確認の為に利用することが有効です。


土壌分析の結果で目立った要素がある場合、何かを追加して無理やり栽培するよりも、

目立った個所を減らすように努めた方が後々の栽培は格段に楽になります。


こと京都株式会社様で土壌分析の活用についての話をさせて頂きました - 京都農販日誌