11月に入り、街の木は紅や黄に色づいてきた。

この写真に写っている木だけど、



これから色づきが深くなるってやつかな?


よくよく見てみると、



枝の先端の更に先端の葉から緑の脱色が始まっている。


しかも面白いことに、



下の方の葉は



先端であるにも関わらず脱色していない。

しかも何か折りたたまれていて尖っている様に見える。



万編なく緑が脱色している様に見えたけど、

上の先端の方から優先的に脱色を始めているのね。


この木がたまたまなのか?


前に赤い葉は上にいる鳥への意思表示にみえるで紅い葉は鳥に対する何らかのサインだろうか?なんてことを書いたけど、

今回の木の緑の脱色も合わせると、紅葉も鳥へのメッセージの様に見えてならない。


葉は光合成以外にも、

空を飛ぶ生物らへメッセージを送るための器官なのかもしれないね。