高槻の原で栽培から加工まで行っているオーガニックファームHARAさんの七味唐辛子を頂きました。

世界一辛いトウガラシの品種と言われるキャロライナ・リーパーを原料としており、

ひと粒食べても非常に辛い七味トウガラシでした。

キャロライナ・リーパー - Wikipedia




オーガニックファームHARAさんと話をしていて、

肥料で赤みや辛味を増やすことは出来ないかと肥培管理を試行錯誤しているとのことでした。


ここでふと思ったのが、


パブリック・ドメイン, Link


ピーマン系の色素はカプサンチンと

カプサンチン - Wikipedia


By Arrowsmaster - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

カプサイシン - Wikipedia


辛味成分はかの有名なカプサイシンは植物体内でどのように合成されるのだろうか?

ということ


合成経路を眺めていたら、何らかのヒントが見つかるかもしれないので、

次回から上記二つの物質についての詳細でも見ていこうかと


話は戻って、

今回紹介したオーガニックファームHARAさんの七味唐辛子はWebサイトから注文することができます。



関連記事

遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策