カタツムリを探しに行ったがなかなか見つからないの記事で、カタツムリ探しをしたけどなかなか見つからないという内容を記載した。


今回はリベンジということで、




アザミの咲き方いろいろの記事で紹介したアザミの葉にカタツムリがいた事を頼りに再び行ってみることにした。



写真上部若干左にアザミが写っている箇所にて、倒木付近に堆積している落ち葉をガサゴソとしてみたら、



オオケマイマイらしき貝がいた。

想像しているカタツムリとは異なるけれども、広義の意味で陸上生活をする殻を持つ貝はカタツムリらしいので良しとする。


写真の場所は渓谷横の林なので、町中でカタツムリが見つからない問題とは環境が異なるけれども、オオケマイマイらしきカタツムリを見つけて、貝に関する知識は少しは定着し始めたかなと。


梅雨に向けて、更に知識を深めることにしよう。