寒空の下で盛り上がるカタバミたちで紹介したこんもりとしたカタバミたち


かき分けた時、



葉柄の徒長であったわけで、



このカタバミは、中は柱のような葉柄のみで、葉が全体を覆うようなドーム状をしているわけだ。

光合成の他に呼吸も行い、内部に向かって暖められた水分が蒸散するわけで、

外気温よりも内部の方が暖かい状態となっているはずだ。


カタバミがいるところの根圏に夏場に蓄積した有機物がたくさんあれば、

熱と湿気で有機物を分解しつつ、根からのシュウ酸で還元する。

※根からシュウ酸が放出されているか?は不明。


このカタバミドームは現在は微生物らのパラダイスで、

数カ月後は他の植物らのパラダイスとなるはずだ。


もしこの話が正しければ、



かき分けて中を確認するという行為は、

そこにいたいろんな生物らにとって悪いことをしてしまったんだろうな。