カニ殻の保護に包まれて


カニ殻と言えば、

有機質肥料として使われることが多く、

何年も入れ続けると、作物が病気になりにくくなるとか。


カニ殻にはキチンという物質が多く含まれており、

キチンはなかなか分解されないんだけど、

土壌中でキチンを分解できる微生物が増えると、

継続的に分解される様になる。


キチンはカニ以外でも、

菌の外殻でも利用されており、

土壌中でキチンが分解されると、

その影響で菌の外殻も一緒に分解され弱る

という理屈らしい。


う~ん、

これだと有用な菌も土壌中からいなくなりそうだけど…





キチンというのが、

グルコース(ブドウ糖)の一部にアセチルアミノ基(-NHC-COOH)が付いたアセチルグルコサミンが直鎖上に並んだもので、

植物の繊維(グルコースの直鎖でできたセルロース)に似てるけど、

セルロースよりもお互いが強く結合して硬くなっているのが特徴。

(6角形のものがグルコース)


木にはリグニンがあるから硬くなるけど、

カニとかはリグニンが無いから、

繊維質自体を硬くしようぜ!

というノリかな?

キノコの底力


で、

カビもセルロースではなく、キチンで外殻を形成して体を維持していると。


リグニンの時もあったけど、

骨格を形成する様な硬い物質というのはなかなか分解できず、

キチンも分解されにくい有機物らしい。


そうはいっても、

有機物であるわけでいずれは分解される。


その時に関与する酵素がキチナーゼで、

Wikipediaには、

キチナーゼは自身のキチンを再構成する必要のある生物か、菌または動物のキチンを消化する必要のある生物が持つ。

と記載されていた。

キチナーゼ - Wikipedia


予想するに、

土壌中でキチンが分解され始めるということは、

土壌中の微生物が近くの殻や菌からキチンを剥ぎ取って、

それを自身の体の一部にする

という反応が起こっている可能性があると。


となると、

カニ殻を肥料として入れることで、作物の病気が減るということが何となく理解できる。


-続く-