前回の記事の土手にて

豪雨ニモマケズ、暴風ニモマケズ


川から傾斜の方に目を向けてみると、




秋の七草であるクズが勢力を伸ばしていた。


クズはつるで地を這いながら、

遠くの方へと伸長出来る。


このクズも



傾斜に従って、



川の方へと伸長していく。

いずれは河川敷にある背の高い植物に巻き付いて、


後発組にも関わらず、

この場所で一番受光しやすい場所を占拠するのだろうなと…



少し離れたところで拠点を築き、

思う存分受光できる場所を確保したら他を攻める。


クズという植物は強すぎる。


こんな生育をするクズの弱点を探すとすれば、

拠点の方は他の草もなく、見通しが良い為、

根元がどこにあるか明白で、

根元をバッサリと切って即死させられるところだろう。


なんて思ったけれども、

クズも不定根で延命しつつ、更に攻めるだろう。

オーキシンと脇芽と不定根


やはりクズは強い!


関連記事

それでもやはりクズは強かった