海外の雑草撲滅法令と日本の記事に引き続き、マメ科の葛(クズ)のことを調べている。

クズの繊維から製造される葛布は作業工程に蔓の発酵があり、クズと発酵で検索をしてみたら、一般財団法人 日本菌根菌財団が発行する菌根菌ジャーナル Vol.2 No.1 2020にたどり着いた。

クズの発酵とは関係ないのだけれども、寄稿でクズの歴史について触れていて、興味深い内容があったので紹介することにする。


葛の可能性を形にという題材で、葛の用途が記載されていた。

/*****************************************************/

・葛蔓は、光沢のある風合いの葛布に

・葛の根は、風邪薬の葛根湯に

・葛の根の澱粉は、イソフラボンたっぷりの葛粉に

葛の花から採れる酵母は、花酵母酒として風味あるお酒に

・葛蔓と葛葉は、粉砕して葛繊維紙に(名刺・ラベル等)

/*****************************************************/

一般財団法人 日本菌根菌財団が発行する菌根菌ジャーナル Vol.2 No.1 2020 5ページより引用


葛の花から採れる酵母から作られる花酵母酒について更に検索をしてみたら、2019年3月14日 葛(くず)使用し新商品完成 活用法をPR - 掛川市にたどり着いた。

葛製品の製造コストが下がれば、クズの価値が高まるのだろうなと改めて感じた。


関連記事

いもち病菌よりもはやくに葉の上にいてほしい菌たち