渓谷でよく見かける丸い葉もシダ植物らしいの記事に引き続き、上の写真に写っていた



単葉で細長いシダ植物の方を調べる事にする。

さらっと単葉で細長いと書いたが、シダの図鑑を購入するまで、この植物がシダ植物であるなんて思いもしなかった。


山と渓谷社から出版されている桶川 修著 大作 晃一著 くらべてわかるシダを開いてみると、単葉で細長いシダは結構多くて判断が難しかった。

他に何か目印がないかとマジマジと見てみると、



薄っすらと見える葉の裏の胞子嚢の形が丸になっている。

葉の裏側の写真を撮影しておけばと後悔をしているけれども、今は先に進むとして、細い単葉で裏の胞子嚢が丸で絞ると、ウラボシ科のノキシノブが該当する。

ただし、ノキシノブには○○ノキシノブといった種類がたくさんあるから、実際の名前はよくわからない。


とりあえず、今回の教訓として、シダ植物を学ぶ時は、葉の裏側も撮影しておこうということ。