シロクローバは匍匐する


前回、シロクローバの生育についてを記載した。

茎もしくは新たに発生したシュートは横方向に伸長して、

地面と接している原基から不定根が発生して根付く。


ここまでの話で違和感を感じるだろうか?



この写真の各々の株が今までの説明と違くね?って。


脇芽の発生は先端が抑えてる


今まで脇芽は葉(葉柄)と茎の間から発生するとあった。


となるとだよ、



この図は複葉が一箇所から何本も発生しているのはおかしくね?


このモデルが正しいか調べるために、

実際のシロクローバを確認してみると



一箇所から出ている。

これは一体どういうことだろうともう少し調べてみると、



直立の赤クローバも下の方から複葉が発生している。


そうか!

これはロゼット型みたいなものか!


茎を短くしておくという選択


ロゼット型といえば、茎が短すぎて茎が存在していない様に見える生育型で、

この特徴の茎がクローバにも当てはめれば、



一箇所からたくさん複葉が発生していても何ら問題ない。