不定根は最後の手段


不定根は最後の手段と書いたけど、

不定根を日常的に活用している植物がある。


有名どころで言えばイチゴかな?


といっても

イチゴの写真は今はないので、

イチゴと同じように広がるシロクローバについてでも書こうかな。





シロクローバ。

河川敷などで低く横に広がっている草。


この草をスコップなんかで綺麗に掘り起こしたことはあるかい?



わかりやすいように直根性の赤クローバを比較として並べておく。


見ての通り、

シロクローバはあるところから根が生えたら、

次は横の茎と葉の付け根の箇所から根が出ている。


つまりは、

シロクローバは芽生えたら、

上ではなく、いきなり横方向に伸長し、

原基が発生する都度、不定根を発生させ根付かせる。


あと、

この写真ではわかりにくいかもしれないけど、

原基から発生したシュートも横方向に伸長し、

そのシュートも都度不定根を発生させている。


モデルにすると、



各シュートはこんな感じの生育をして、

この生育が四方八方に広がっていく。


このように広がる生育型を匍匐型(ほふく)と呼ぶ。


で、結果が



こんな感じになる。


今回のような特徴は、

草抜きで抜いても抜いても、根こそぎ抜かなければ、

残ったシュートからまた横広がりするので除去しにくい

ということがあるけど、

横広がりすることが逆にありがたいシーンもある。


それらの話はおいおい、

どこかで必要になったら記載することにでもしよう。