アンモナイトから貝が巻くということを学ぶまでの記事で、



貝殻の基本の形が円錐で、円錐を細長くして、左側の伸長量を減らし、右側の伸長量を増やすと冒頭のような巻き貝の形になる。



それではタニシのような貝殻の形はどうだろう?



アンモナイトの時に触れた渦巻を立体的に


こんな感じで見てみるとタニシの殻の形と合致する。

先が細くなるような螺旋は安定するのだろう。

タニシはこんな感じで水底や壁を器用に動けるようになったのだろう。


関連記事

高槻の水田でジャンボタニシを見かけた