一対の対立遺伝子のメンデルの法則


学部、院ともに遺伝学には触れていたので、

よくこんな話を耳にした。


メンデルは運が良かった。

メンデルの法則が成り立つ形質なんてなかなかない。


エンドウだから見つけられたのであって、

他の植物だったら見つけられなかった


まったくその通りだと思う。


いろんな形質のパターンを見てきたけど、

メンデルの法則程シンプルに決まる形質はなかなかなかった。


メンデルの法則通りには現れるんだけど、

生物の形質というものは複雑で、


ある機能が劣性で潰れたとしても、

致命傷にならない様に他の遺伝子が補完するということばかり。


だからある形質が劣性でも、

劣性である様に見えない形質ばかりなんですね。


という前ふりの元、

ナズナの果実のやり型についての話を再開しよう。






ナズナの果実の形はハート型:やり型 15 : 1で現れると考えられている。


これはどうしてかという前に、

二対の対立遺伝子についてみていこう




例えば、

エンドウ豆の形に色の要素を追加してみよう。


形は丸をA、しわをaとして表した。

そこに黄色をB、緑をbという要素を追加する。

Bを優性の形質として、bを劣性の形質とする。


これを踏まえた上で、

丸くて黄色い豆をAABBの様に表し、

しわで緑の豆をaabbと表す。


例えば、

AABBとaabbを交配させると、

片親から形の要素(Aかa)と色の要素(Bかb)を一つずつ受け取るので、

子孫はAaBbですべての豆が丸くて黄色になる。


いろいろと端折るので、

興味がある人は高校の理科の教科書でも引っ張ってもらうとして、


AaBbとAaBbを交配したらどうなるか?を見てみると、


ABAbaBab
ABAABBAABbAaBBAaBb
AbAABbAAbbAaBbAabb
aBAaBBAaBbaaBBaaBb
abAaBbAabbaaBbaabb

になり、

丸黄(AB) : 丸緑(Ab) : しわ黄(aB) : しわ緑(ab) = 9 : 3 : 3 : 1

になる。


合計すると16になる。


そういえば、

ナズナも15:1で合計すると16になる。


ということで、

ナズナの果実の形はどうやら二対の対立遺伝子で説明できそうだ。


-続く-