敷き詰めれた石の間から草が生えていて、

その草のちょっと離れたところで



ヤブガラシが複雑に絡み合いながら、

群の外側に向かって伸長していた。

ヤブガラシは栽培者に何を伝えるのか?


このヤブガラシだけれども、

自身だけが外側に向かえばいいけれども、



中心に居た花に巻き付いて、

この花毎外側に引っ張っていた。


この花はおそらくヒメジョオンだけれども、

ヒメジョオンにとってこのヤブガラシの行為は、

外側に伸長するなら自分だけで勝手にいけよ

という気持ちであるに違いない。


ヒメジョオンの花は甲虫類(カナブンのちっちゃい版)がとまることで花粉を媒介する仕組みなので、

花が傾いているだけで甲虫にとっては近寄りがたいに違いない。