道というのは学びがいっぱいだ。



このような石を重ねて出来た塀をよく見かける。

石が積まれたところはコンクリートと違ってどうしても隙間が出来る。


草達はこういう隙間を常に狙っている(と勝手に思い込んでいる)のだけれども、



ここでも隙間で発芽したカタバミがいる。

石の深いところで発芽して葉は石の外に出れたらしい…


って、



出れてないまま大きくなった草がいるじゃないか!

石に囲まれて、冬場はあたたかそうで、

夏場は冷たそうで、

石由来のミネラルが潤沢にあるので、

カタバミにとってある意味快適な環境だったりして

I-W系列と各微量要素


カタバミはタフだな。

寒空の下で盛り上がるカタバミたち