32ビットのWindows7が余っているので、

何か使い道はないですか?と聞かれたので、


メモリーを増設して、

Ubuntuを突っ込んで、

Sambaでファイルの共有サーバを作ってみた。

Ubuntu Japanese Team

Samba - opening windows to a wider world


とりあえずは、

組織内の共有サーバとして、

・外部からの接続は禁止

・サーバのファイルを自由に変更できる

・ログイン機能は持たない

というシンプルな構成にしてみた。




で、やってみたことは、


PCに32ビット版のUbuntuをインストールする。


インストール後に端末を開き、


#インストール前にやっておくと良い
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

#好みのエディタのインストール
sudo apt-get install emacs24

#Sambaのインストール
sudo apt-get install samba

これでSambaのインストールは終了

バージョンは4.3.5だった。


これからSambaの設定


再び端末での操作に戻って

#Windows機からのアクセス用のフォルダを作る。
sudo mkdir /home/share
#誰でも操作できる権限にしておく
sudo chown nobody:nogroup /home/share
sudo chmod -R 777 /home/share

#Sambaの設定ファイルをいじる
sudo emacs -nw /etc/samba/smb.conf

confファイルを開いたら、下記の様に編集します。


#[global]以下に下記を追加
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

#アクセス元のIPアドレスの指定。プライベートアドレスのみ(意味あるのか?不明)
hosts allow = 192.168.

#認証をなしにする
map to guest = Bad User


#smb.confの末尾に下記を追加[]内は適当な文字列で良いです。あとで使います。 [Share] # 共有フォルダ指定 path = /home/share # 書き込みOK writable = yes # ゲストユーザーOK guest ok = yes # 全てゲストとして扱う guest only = yes # フルアクセスでファイル作成 create mode = 0777 # フルアクセスでフォルダ作成 directory mode = 0777

編集が終了したら、端末でSambaの再起動を行います。


sudo /etc/init.d/smbd restart

あとは、サーバが起動した時のSambaの起動設定とファイアウォールの設定を行います。

端末を開いて、


#自動起動設定
sudo apt-get install sysv-rc-conf
sudo sysv-rc-conf smb on

#ファイアウォールの設定
sudo ufw allow 137/udp
sudo ufw allow 138/udp
sudo ufw allow 139/tcp
sudo ufw allow 445/tcp

sudo ufw enable

これでSambaの設定は終了です。


他のPCからSambaにpingを送信できるか確認しましょう。


SambaサーバのPCの端末を開き、


ifconfig

を実行し、inetアドレスの値を調べます。

(inetアドレスが192.168.1.1だとして説明を続けます)


Windowsの場合、

コマンドプロンプトを開き、


new view 192.168.1.1

Linuxの場合は


ping 192.168.1.1

を実行し、エラーにならなければOKです。




WindowsからSambaのサーバにアクセスするための設定は、



マイコンピュータを開き、ネットワークドライブの割り当てをクリックします。



この画面が表示されたら、

フォルダーのフォームに先ほど調べたinetアドレスとsmb.confで[]内にいれた値を下記の様に入力して完了します。


inetアドレスが192.168.1.1だった場合、

¥¥192.168.1.1¥Shareになります。


完了ボタンを押してエラーにならなければ、

Sambaのサーバにアクセスできたことになります。


試しに、軽いファイルをアップロードしてみましょう。



Sambaサーバの方の/home/shareディレクトリ内に同じファイルが配置されているはずです。