寒い日はまだまだ続く。

こんな寒いと草が大きくなることなんてないだろう。


ってな状況で、



タンポポの花が咲いていた。

見ての通り、花以外の器官がどこにあるかわからないぐらい小さいみたいだ。


それにも関わらず、



花は展開している。

この花はよく見ると西洋タンポポみたいだ。


西洋と和タンポポの見分けはこの場では割愛するけど、


こんな寒い中、

株もそこまで大きくないのに、

花を咲かせることができるかとちょっとした感動があった。


光合成量が少なくても、

花を咲かせるための養分って根からの調達で何とかなるのかもな。