前回の里山のスミレたちの記事に引き続き、里山の端の話題。



前回は上の写真の景色を見た後に足元を見たけれども、今回はうっすら見えるピンクの箇所を見る。



近づいてみると、ツツジらしき花が咲いていた。

葉の展開よりも前に花を咲かせている事と雄しべの数からツツジ科ツツジ属のコバノミツバツツジではないか?と当たりを付けるけれども自信はない。

コバノミツバツツジ - Wikipedia




漏斗型と言って良いのだろうか?

それと薄いピンクで各蕊が長くてチョウに適した構造のように見えるけれども、この季節に比較的大きなチョウは見当たらないので、何の昆虫が花粉の媒介を行っているか?が気になるところ。

チョウが好む花


クマバチが飛んでいるところをよく見かけたので、クマバチが寄っているのかな?

アザミの群生を探しに広葉樹の林の林床へ


今年も花と昆虫の季節がはじまる。