ランを育てる人がいないので、

園芸資材のミズゴケが余っているから何かに使わないか?

と聞かれたので、



これからラッカセイを育てる土に混ぜてみた。


が、


ミズゴケが軽くて、なかなか土と混ざらない…


ミズゴケだけれども、

学生の頃に研究室でクンシランを育てることになって、

その時にミズゴケを利用したことを思い出した。


様々なところに記載されている内容を読む限り、

ミズゴケはその名の通り、ミズゴケ属の蘚類のコケを集めて乾燥させたもので、

苔類のコケをマジマジと見てみた


水持ちと水はけのバランスが良く、

土に比べて柔らかいことで、植物の根を傷めにくく、

更にはイオン交換性も高いとされている。

マイナス増やして、大事なものを蓄えろ



触ってみると、

木質化したような感触がある。


ただ、

確かコケはリグニンを持たないはずなので、

この木質っぽい感触は植物質の繊維によるものだろう。

ツユクサは一次細胞壁でフェニルプロパノイドを持って何をする?


土作りの効果として、

ミズゴケの持つ保水性が夏場の土が乾燥する時期に

土に中で水を保持し続けてくれることを期待することにしよう。