岩に苔が生えて、

苔が岩の上で朽ちて土となる。


その上に更に苔が生えて、

その苔が朽ちて岩の上に土が溜まる。


ある程度土が蓄積されたら、

そこには草が生え

という営みを何千、何万年という長い月日を経たら、


黒ボク土は良い土というイメージが共有されている


このような土になるのね。


でだ、



近くの石垣を見たら、



苔が生えていた。

ここを放置しておくといずれは土になるわけね。


思ったんだけど、

岩のくぼんだところに土が溜まっているよね。


くぼんでいないところの土はおそらく雨で流されただろうから、

きっとどこか水が溜まりやすい箇所に堆積しているのだろう。


となるとだよ。

土というのは岩の上に溜まるのでなく、

岩の下の方にある水たまりにたくさん堆積することになる。


堆積した土は

どこか上の方で岩石が風化したものなんだろうね。