最近よく見かけるこの花。

この暑い時期に長い間咲いてるなと気になっていたんだけど、


この花って、



葉は多肉っぽいのね?


この手の厚めの葉って、

乾燥しているところか潮風に当たる箇所でよく見かけるけど、

葉を厚くすることで蒸散を避けているのかな?


気孔から中心までの距離を長くすることで、

乾燥による気孔付近の水ストレスの高さの影響を低くすることができ、

体内の水分が外に逃げ出さない様にする。

気孔の日々のお仕事


適当に書いたけどそんなところかな。


となると、

湿気過多の日本において、



この植物は余裕な環境なのかもしれない。


ところで

この花はなんと呼ばれているんだい?