大雨の後、川は増水しつつ濁っている。

この濁りは目の前にある景色よりも上流の土砂や有機物が混ざりあったもので構成されている。


土砂による懸濁は上流の粘土鉱物を多く含んでいて、有機物は山で粉砕された落葉等由来の有機物が土化したものだろう。


この濁った川の水を見ていたら、一部は安全に田畑に入る手段はないか?と考えてしまう。

この濁りには栽培で欲しい要素がふんだんに含まれているので、活用できたら大きい。


何か良い手はないものか?

光合成の質を高める為に川からの恩恵を活用したい