宮城県遠田郡涌谷町で営農されているうじいえ農場さんに社内勉強会で、

京都農販として病害虫対策の話をしました。

宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会で土壌の物理性の改善の話をしました


虫や病気の問題のどちらも

各々の生物の得意な生育環境のもとで爆発的に問題化するわけで、

得意な環境を予め潰しておくといった予防の大切さと、

予防した上で防除に入るという姿勢の話をしました。


虫害や病気は発生してから農薬で対処するのではなく、

農薬はあくまで侵攻を止めるだけで治療の効果は低いという意識が大切だということをまとめました。


関連記事

放線菌と協働して軟腐病を減らす