ここは山道を作る為に削られた傾斜で、山道沿い故、草の管理も時々されているであろう場所。

山の道だけれども、土は肥えていないように見える。


そんな傾斜で、



矢印の森の端の草むらの更に端の箇所で、



スミレの花が咲いていた。

最近、森の端は高ストレス環境に耐える為の様々な機能を獲得した種類というイメージが強くなった。

林縁の外側の更に外側の更に先へ


それ故、森の最も端というところで小さいながら咲く事が出来るスミレが気になりだした。


スミレのタネはアリに散布されるというけれども、アリがスミレのタネを森のギリギリ外側に運び、スミレが土を肥やし、森が広がっていく。

スミレを見ているとこんな風に思えてくる。