御衣黄(ぎょいこう)

去年の今から一週間後ぐらいに撮影したもの



緑色の花弁に鮮やかなピンクの桜の花。

ピンクの模様は最盛期を過ぎたあたりから現れるらしい。


御衣黄の名前の由来は

貴族のおえらいさんが来ていた服に色が似ていたからだと、

前に植物園の人が言ってた。


他の桜よりも開花している期間が長いのも特徴らしい。


花弁の緑は葉緑素の色とのことで、

花弁の裏側には気孔も存在する。

ギョイコウ - Wikipedia


学生の頃、

花というのは葉としての機能をそぎ落とし、

一旦白っぽい下地に色素を載せることで鮮やかな花を生み出す。


上の話が正しいとするならば、

この桜は葉の機能を削ぎ落とす過程が欠如したという変異になるわけで、


その変異の上に、



色がつくわけで、

こんな模様になるわけね。


桜の変異は奥が深いなぁ…