いつもの道にあるヤマブキが花を咲かせた。

季節を感じられる花ならば大半は目を引くけれども、

この花は更に目を引いた。


何故ならば、



ヤマブキの花は黄色だけれども、



ところどころで花弁の脱色が見られるものがあった。


これを見てふと思い出した。

確か芸術の一つで、足してダメなら引いてみる

全体から何かを除くことも一つの手だと。


脱色の花弁がいくつかあるこの株をちょっと離れたところから見てみると、



おや?っと感じられる花の集合になっていた。


芸術家というものはこういう日常から何らかのヒントを得ているのだろうな?

って思えた。


おそらく芸術家に限らず、開発に関わる人やアイディアマンもそうだろう。


関連記事

松尾大社の奥にあるシロヤマブキ