普賢象(フゲンゾウ)という桜を見た。


この桜は中央の雌しべが葉化していて、

その変異が象の鼻に見えることから、

普賢象と呼ぶことになったらしい。

(実際は普賢菩薩の象だって書いてあった。)

フゲンゾウ - Wikipedia


雌しべが葉化している変異って今まで見たことがないんだよね。


ということで、

近づいて詳しく見てみた。




もしかして葉化しているのは中央の緑?



確かに鼻っぽく見ようと思えば見えるけど、

フゲンゾウという名前をつけた人は想像力豊かだなぁ。

って正直思えてしまった。


そもそも、

桜の雌しべってこんな感じじゃなかったっけ?


というわけで、

過去記事から桜の雌しべがわかる写真を探してみると、


サクラハンドブック


小さくて確認しにくい画像だけど、

雌しべが緑デないことはわかる。


葉化と聞いて、

雌しべの箇所に葉ができていると想像したけど、

実際は雌しべが葉緑素を持った変異というだったんだな。


それはそれですごいこと。