京都の松尾大社付近に梅宮神社という神社があり、

その庭園には見事な花菖蒲(ハナショウブ)が咲いている。



この写真は昨年の6月上旬に撮影したもので、

見事にハナショウブが咲き乱れている時期のもの。



ハナショウブは園芸の中でもかなり盛んな部類に入るので、

様々な品種が生まれ、上の写真がベーシックな形状であるかはわからないけど、

ハナショウブはこんな感じの花が咲く。


これを見て、


大田神社のカキツバタ


カキツバタと見分けがつかないなと…




前回記載した内容だと、



カキツバタの花弁の中心にある模様が白ということらしいけど、



ハナショウブの場合は黄色になっている。


どちらも湿地で育つので、

区別は花弁が適切だろうなと。


花はシンプル故に美しかったり、

カラフルだからこそ美しかったり、

カキツバタとハナショウブ、

甲乙つけがたいものがあるな。