品評会かなんかで評価されたナデシコらしい。


遠くからでも見ての通り、

一株から様々な色の花が咲き、

とても綺麗だ。


しかしだ、

様々な色といっても、

同じ株から色相が大きく離れた色の花を咲かせることはできず、




このナデシコも、

ピンクがどれくらい濃いか?

で色分けを行っている様に見える。


花弁の色が濃ければ良いというわけではないことを物語っている。


濃さのばらつきが広ければ広いほど、

この花の美しさの真価を発揮するはず。