ごつい枝の生やし方の続き

線路という過酷な環境でも植物は必死に生きている。



ここね。

ちょうど線路と線路の間で、電車が通過しない箇所に二株いる。


左は



こうで、右は



いやいや、

右側は脇芽で広がっているのではなく、

三株が密集しているのかな?


右の方は3つの枝のそれぞれが花を咲かせているので、

一本の茎から発生した二本の枝というわけではなさそうだ。


線路という過酷な環境は


夏の草たちの攻めぎ合い


畑という快適な環境とは異なり、

強靭な数株が点々と生えるはずだから、

畑ではなかなか見えにくいものが見れて面白い。


しかし、

石が敷き詰められた環境で、

石の合間をぬって生えてくる草はすごいなと。