穂を撫でるように吹く風


近所の水田にて




夏の水田の水を引く時期だったので、

根元には水がない状態だった。


小学か中学の頃に習ったはず。

栽培中に水のある時期とない時期を設けることで、

イネ以外の様々な草の発芽や生長を抑制すると。


そんな中、



水を引いたことをきっかけか?

発芽した草を見かけた。



こんなにもイネが繁茂している中、

発芽してしまったら受光の競合に負けてしまう。


この草が日陰を好んだとしても、

これだけ周辺のイネが繁茂してしまったら大変だ。


タネは生育条件を満たしたら発芽する。

そんな本能に抗うことが出来ずに



発芽するというのは、

生きることが如何に大変であるかを物語る。